タカヒナの日常境界線 このエントリーをはてなブックマークに追加 タカヒナの日常境界線

更新予定
細々と何かを更新します。

相互リンクは受け付けていません。
リンクはフリーなのでご自由にどうぞ。

幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」 このエントリーをはてなブックマークに追加 幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」

よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」

a

ナズナは吸血鬼を殺そうとしている探偵が、
かつての友達である、目代さんであることを仲間に話した。

ナズナは探偵の話を聞いたときに、それが目代さんだと予感していた。
でも、話をしなかったのは、
違っていて欲しい、目代さんんいはどこかで幸せに生きてて欲しかった。
という思いがあったから。

こうなったのは全部自分の責任だから、目代さんを止める。
ナズナの宣言はわかるけど、それは想像してるよりも大変だよ。

でも、ナズナがやるしかないよな......。
目代さんがどういう行動を取るかわからないけど、
「星見キク」と対峙したときが一番大変だろう。

続きを読む "幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」"

最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」 このエントリーをはてなブックマークに追加 最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」

トニカクカワイイ第152話「GIFT」

a

前回千歳がきたのは、ナサに渡すものがあったから。
それは亡くなった時子さんの遺書。
マジメな出だしだと思ったら、時子さんは相変わらず、遺書でもふざけている。
それでも遺書の内容は古い友人でもあり、家族でもある、司にも聞いて欲しい。

司への言葉は、願いを叶えてあげることができなかったことへの謝罪。
確かに願いを叶えることはできなかったかもしれないけど、
月の石を手に入れたことは、確かな成果だと思う。

続きを読む "最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」"

気が付けばブログ開始から15年だってよ。 このエントリーをはてなブックマークに追加 気が付けばブログ開始から15年だってよ。

どうも、タカヒナです。

マンガとかイベント感想更新以外はほぼしないですが、
今回はブログ的に節目なので更新しておこうかと思います。

続きを読む "気が付けばブログ開始から15年だってよ。"

だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」 このエントリーをはてなブックマークに追加 だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」

よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」

a

目代さんの家を訪れたナズナは、そこで何があったかはわからない。
ナズナに何があったかを聞かれても「別になにも」と目代さんは答えたし、

目代さんからナズナへの質問
「七草もあの時私を殺せたのか? お前も血を吸って人を殺せるんだな?」
ナズナの回答は「致死量を吸えば」。
この質問自体はただの確認みたいなものだったんだろうな。

もしかしたら、
自分の父親がおかしいだけで、ナズナにそれができないのかもしれないと思ったのかも。
でも、やっぱりただの事実確認だよな。

続きを読む "だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」"

平常心でいようと思ったところで平常心にはなれないよ。トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」 このエントリーをはてなブックマークに追加 平常心でいようと思ったところで平常心にはなれないよ。トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」

トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」

今週も短めなので、記事も簡単に。

a

たった一週間でも離れていたら、ドキドキするもの。
前回の話で意識してしまってるから、ナサくんはこのあと一緒に寝るのが困ってる。
気持ちはわかるが、自分を抑えてくれ、ナサくんよ。
でも、まあ、きっと無理でしょう。
もちろん司も恥ずかしがっているから、この夫婦どっちも落ち着きがない。

二人とも平常心を心がけることにしたけど、
平常心を意識しても、ほとんど平常心でいるってできないと思うんだよね。


a

平常心を意識した結果、変な空気になった。

ダメじゃん。

互いの指先が触れただけで、とても意識してる。
やっぱりダメでは?
意識しすぎた結果、何か間違えが起きたらいけないから、
布団を離すことに......。

君たちさ......。
この続きはコミックスのおまけということで畑先生に期待しましょう。


『ソレ』を壊した存在。 よふかしのうた 第81夜「ちゃんと持っててね」 このエントリーをはてなブックマークに追加 『ソレ』を壊した存在。 よふかしのうた 第81夜「ちゃんと持っててね」

よふかしのうた 第81夜「ちゃんと持っててね」

a

目代さんは両親から、誕生日だから何か欲しいものがないかと聞かれたけど、
父親が帰ってきてくれただけで十分だった。

でも目代さんの気がかりは、自分が父親にあげたライターをどうして使ってないのか。
その答えは、簡単で、でも、理解できることだった。

もったいなくて使えなかった。

元々、モノを失くしやすいらしくて、
そういうことで失くしてしまったら、もったいない。
たぶん、それもあるし、娘からのプレゼントを使うのがもったいないというのも、
あったんじゃないかな。

続きを読む "『ソレ』を壊した存在。 よふかしのうた 第81夜「ちゃんと持っててね」"

もし、理解できなくても、歩み寄ることは大事。 トニカクカワイイ第150話「いつか大人になる君へ。それを言わない胆力がどれほどのものか知って欲しい」」 このエントリーをはてなブックマークに追加 もし、理解できなくても、歩み寄ることは大事。 トニカクカワイイ第150話「いつか大人になる君へ。それを言わない胆力がどれほどのものか知って欲しい」」

トニカクカワイイ第150話「いつか大人になる君へ。それを言わない胆力がどれほどのものか知って欲しい」」

今回は司が出ていったときの、ナサのファインプレーについて。
あとページ数は10ページと短めなので、記事も短め。

a

最大のポイントは、相手を責める言葉が出なかったこと。
だいたいの場合、信じていた相手に裏切られたら、
多少なりとも相手を罵倒する言葉が出てきてもおかしくない。

いろいろとあるけど、例えば、エヴァの
「裏切ったな!! 僕の気持ちを裏切ったな!!」
とか!
このセリフだけで、CV緒方恵美さんでの再生余裕でした。

a

なんで相手を責める言葉を出さなかったのか。

別にナサの心が傷つかなかったわけじゃないし、
痛みを感じなかったわけじゃない。
そんなことよりも、ナサにとって大事だったのは司の気持ち。

相手の気持ちを理解したい。
だから、泣き言を言ったら、それが遠のくだけ。

......ナサくん、君はすごいよ。
そんな言葉を言われたら、司だって、よりナサの事が好きになってしまうよ。


遅すぎたとしても、心は揺れる。よふかしのうた 第80夜「先輩が初めてっすよ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 遅すぎたとしても、心は揺れる。よふかしのうた 第80夜「先輩が初めてっすよ」

よふかしのうた 第80夜「先輩が初めてっすよ」

a

目代さんが吸血鬼になることを決めた。
だから、ナズナが血を吸った。
でも、当然、まだ目代さんは吸血鬼にならなかった。

ナズナは起きている人間の血を吸うのは今回が初めて。
普段は寝ている人の血をこっそり吸っている。

眷属を作ろうと思ったのも、起きている人間から血を吸ったのも、目代さんが初めてだ。
コウが聞いたら、嫉妬しそう。
目代さんを自宅まで送って、ナズナは別れた。
もう目代さんは家を出るつもりだし、その準備がある。
ナズナは午前2時に迎えにくる。

続きを読む "遅すぎたとしても、心は揺れる。よふかしのうた 第80夜「先輩が初めてっすよ」"

君がいる場所が帰る場所。 トニカクカワイイ第149話「君がさみしくないようにここをキャンプ地とする。」 このエントリーをはてなブックマークに追加 君がいる場所が帰る場所。 トニカクカワイイ第149話「君がさみしくないようにここをキャンプ地とする。」

トニカクカワイイ第149話「君がさみしくないようにここをキャンプ地とする。」

a

司を連れての帰宅。
彼女にとっては一週間ぶりの帰宅。
たった一週間だけど、部屋の中はなかなかに荒れている。
というのも、ナサが司と出会ったところの記憶を取り戻すためにいろいろやったからね。
司が何気なく「もうすぐ引っ越し」といったけど、その引っ越しは......中止になりました。

ええ......。
司が戻ってきたし、そのまま引っ越して仕切り直しかと思ってたよ!
引っ越しが中止になった理由は、新居への入居手続きができてないこと。

手続きする前に、司が家出をしてしまった......。
大家さんに待ってもらうこともできたけど、解決の見通しがない状態で待ってもらうのは
迷惑が掛かる。ということで......部屋を解約した。
引っ越しがなくなったので、まだまだ有栖川さんちの離れで生活することになる。

続きを読む "君がいる場所が帰る場所。 トニカクカワイイ第149話「君がさみしくないようにここをキャンプ地とする。」"